INFORMATION

ブログ

年末年始の営業時間のご案内。

 

平素よりボルボ・カーズ 東名横浜をご愛顧頂き、誠に有り難うございます。

誠に勝手ながら、年末年始の休業につきまして、下記のとおりご案内させていただきます。

今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますと伴に、皆様のご多幸をお祈りいたします 。

 

2013年12月30日(月)~2014年1月3日(金)

年始 1月4日(土)より通常通り営業 9時~18時

 

皆さま、どうぞよい新年をお迎え下さいませ。

 

メンテナンスの予約はこちらから。

車検・整備のお問い合わせを承ります。

初年度登録日から3年以内の期間 2013年モデル全車付帯

万一の故障・事故(誤った取り扱いにより発生した故障を除く)により走行不能となった場合、

コールセンターが年中無休・24時間体制でサポート
下記のサービスを日本全国(佐渡島、淡路島、小豆島以外の離島は除く)で受けられます。
対象期間はモデルによって異なります。詳しくはボルボ・ディーラーまでお問い合わせ下さい。

主なサービス内容 365日24時間/日本語・英語対応

万一の故障・事故にもエマージェンシー・コールセンターが年中無休・24時間体制でサポート。

 

 

 

年末を前に最後のメンテナンスはいかがでしょうか?

12/27(Sat)28(Sun)とサービスのご予約に空きがございます。

お休みの前にメンテナンスをし、気持ちよく新年を迎えてみてはいかがでしょうか?

ボルボ・カーズ東名横浜スタッフ一同、心からお待ち申し上げております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末まで一気に駆け抜けましょう!

【850の遺伝子を継承したエステート】
世界最速のエステートと呼ばれ、エンスージアストに長年支持されてきたレースモデル『850 BTCC』。
その遺伝子を継承したのが「V60 Polestar」。運転の楽しさを重要だと考えるドライバーにとって、
様々な道路状況や天候でも運転を楽しめる真のドライバーズカーに仕上がりました。
 
T6エンジンに、新しいツインスクロールターボとインタークーラーを装着し、時速100kmに達するのは4.9秒。
最高出力は5,700 rpmで350馬力、最大トルクは2,800 rpmで500 Nm。ぜひ、実車を楽しみにお待ちください!
 
 
クリスマスも終わって街は一気に和風な感じになりましたね。
2014年も、もうすぐそこ。「ボルボS60 / V60 Polestar」のように、年末まで一気に駆け抜けましょう!
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新車体構造「SPA」が、事故の無い未来実現への流れを加速

エレガントなデザインを可能にすることが最も分かりやすいメリットですが、ボルボの新車体構造
「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」のメリットはそれだけではありません。
  
この独創的な新しいアーキテクチャーは、安全面におけるリーダーシップを強固なものとし、
2020年までに新しいボルボ車による交通事故死亡者や重傷者をゼロにする目標の実現を加速させます。

スウェーデンの保険会社Folksamによるスウェーデンでの独自調査で、現在のボルボ車は
平均的な他車と比較して負傷率が約60%低いことが示されました。
その結果、スウェーデンは交通事故による負傷率が世界で最も低い国の1つとなっています。
  
 
 

広範囲に焦点を当てる
新しい車体構造「SPA」は、最悪の状況下における高い乗員保護性能を提供すること、および事故を回避するためにドライバーをサポートする独創的な機能を開発することの双方を大きく改善します。

「優れた衝突安全性を提供するために、私たちは妥協をしない姿勢を貫きます」と、

ヤン・イバーソン(ボルボ・カー・グループ シニアセーフティマネージャー)は語っています。

「新車体構造『SPA』によって、さらなる改善が可能です。現行のボルボXC90では、

セーフティ・ケージの7%が熱間成形ボロン鋼で製造されていました。

しかし、今後登場する新型ボルボXC90では、構造の40%以上に熱間成形鋼を用い、車重を増加させることなく、強度を大きく向上させています」

ユニークな電気系統アーキテクチャー
新車体構造「SPA」は、画期的な新しい電気系統のアーキテクチャーを採用し、クルマの知能化を一段と高めます。新しいアーキテクチャーは、高度な機能が容易に追加可能で、マイクロプロセッサー、センサー、カメラ技術など、  技術革新が著しい技術を素早く導入できるように設計されています。


新しい電気系統のアーキテクチャーは、ビークルダイナミクス、セーフティ、車体、およびインフォテインメントの4つを 柱としたネットワークで構成されています。「4つの柱は、それぞれがアーキテクチャー全体のすべてのユニットに接続可能です。1つの神経系統で、車両全体の統合制御が可能となる、ユニークなアーキテクチャーとなっています」と ピーター・メルテンス(上級副社長 研究開発担当)は述べています。

人を中心に作られた総合システム
ボルボが推し進める、実際の交通状況に基づく総合的なアプローチの中で、ドライバーはその円の中心に置かれます。ドライバーは周囲360°をエアバッグからネット接続に至るまで様々な技術に囲まれています。

ドライバーの保護
ドライバーと乗員は、様々な状況下で起きる衝突事故で、衝突時のエネルギーを効果的に吸収するべく設計されたシステムで保護されます。シートベルト、シートベルトプリテンショナー、むち打ち防止システム、通常のエアバッグやカーテン・エアバッグなどの安全技術は、常に改良が施されています。
新車体構造「SPA」では、進化したシートベルトプリテンショナーによって、衝突前と衝突時の乗員保護性能を高めています。たとえば、リアに配置されたレーダーにより、後方からの衝突を検知します。これにより、衝突前にシートベルトを巻き上げ、乗員が衝突時にも安全な姿勢を維持することが可能となります。

精巧な強度
新たに特許を取得したSPAセーフティ・ケージは様々なグレードの鋼材を使用し、強度と洗練度を増しています。ボロン鋼を広範囲に採用することにより、優れた強度を実現しました。

衝突回避
カメラ、レーダーおよびセンサー技術は、車体周辺のより多くの物体を検知できるようになり、さらに高い速域での走行や交差点といったさまざまな交通状況にも対応できるようになります。
「衝突回避において、危険な状況下でクルマが自発的にステアリング修正を行い、ドライバーが意図しない車線逸脱を防ぐことが、最も注力すべき事の1つとなっています。ドライバーが意図せずに走行車線から外れてしてしまうことが、今日の交通事故で、最も多く死亡や重傷者を生み出す原因になっているのです」と、ヤン・イバーソンは語っています。
新機能には、夜間の運転時にも大型動物や歩行者を検知し、自動ブレーキを作動させる機能も含まれています。

ドライブをより楽しく
衝突回避のためのセンサーは、今日の複雑な交通環境において、ドライブをより楽しく、そしてより快適にするために実現する機能でも利用されます。新型ボルボXC90には車線逸脱を防ぐステアアシスト付きのアダプティブ・クルーズ・コントロール(自動的に前方車両の列を追走するシステム)が導入されます。「SPA」は自動運転技術にも適応するように設計されています。

周囲の車両との通信
他車と通信を行うことにより、交通インフラから、自車のカメラ、レーダー、およびセンサーから得られる以上の情報の取得が可能となります。このカー・ツー・カーおよびカー・ツー・インフラ技術の導入によって重要な情報交換が行われ、より安全かつ快適な運転が可能となります。
この技術により、タイヤと道路の摩擦情報の取得、混雑を回避するための事前警告や迂回路の提示、

青信号の連続走行、空いている駐車スペースの検索など、数々の安全および運転サポート技術の可能性を開拓します。

世界中と常時接続
インターネットに常にアクセスしていたいという要望は、クルマにも押し寄せています。

インターネット接続を利用して、より安全・快適なドライブを実現することが可能である一方で、運転席での操作は、安全面で課題があります。
インターネットへの常時接続は、ドライバーの注意力、判断力を低下させる可能性があります。

この点に関して、ボルボは、自動運転が1つの重要な役割を果たせると考えています。

特定の状況において運転に集中する必要がないため、ドライバーは、他の操作を安全に実行することができます。
「クルマの自動運転を認めることは、将来、車の衝突事故を一切なくすというビジョンを追及する上で不可欠です。新車体構造「SPA」による新しい技術を活用することにより、この究極的な目標に大きく近づくことができるでしょう」と、ヤン・イバーソンは結んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【世界初の大規模な自動運転の公道実験を開始】

【世界初の大規模な自動運転の公道実験を開始】
ボルボ・カー・グループは、世界初の大規模な自動運転の公道実験『ドライブ・ミー』プロジェクトを開始しました。
この実験は、100台のボルボ自動運転車がイェーテボリ市の公道を日常的な利用状況下で走行する、
世界初の大規模運転実証実験プロジェクトで、ボルボ・カー・グループ、スウェーデン運輸管理局、
スウェーデン運輸庁 、リンドホルメン・サイエンス・パーク、そしてイェーテボリ市が共同で実施します。
 
自動運転の未来は、すぐそこまで来ています。
写真: 【世界初の大規模な自動運転の公道実験を開始】 ボルボ・カー・グループは、世界初の大規模な自動運転の公道実験『ドライブ・ミー』プロジェクトを開始しました。この実験は、100台のボルボ自動運転車がイェーテボリ市の公道を日常的な利用状況下で走行する、世界初の大規模運転実証実験プロジェクトで、ボルボ・カー・グループ、スウェーデン運輸管理局、スウェーデン運輸庁 、リンドホルメン・サイエンス・パーク、そしてイェーテボリ市が共同で実施します。自動運転の未来は、すぐそこまで来ています。  URL:http://www.volvocars.com/mobile/desktopredirect?url=http://www.volvocars.com/jp/top/about/news-events/pages/default.aspx?itemid=165

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミアム・スポーツコンパクト ボルボV40、累計受注10,000台を達成

ボルボ・カー・ジャパンは、本年2月19日より発売を開始したV40の累計受注台数が12月14日時点で、

10,000台を超えたことをお知らせいたします。

VOLVO V40 T4 SE

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アラン・デッセルス)の

2013年1~11月の新車累計登録台数は15,435 台(前年同期比:24.9%増)で、

昨年度の年間登録台数実績を既に先月10月末の時点で上回るなど、好調な販売を維持しています。

(数値は日本自動車輸入組合および自社調べ)

その主な要因としては、V40の販売が引き続き好調である点が挙げられます。

流麗なルーフラインを持つクーペフォルムを採用したエクステリアデザインと、

モダン・スカンジナビアン・デザインを具現化したインテリアのクオリティが、

このクラスの車を求めるお客様のニーズに合致しました。またお求めやすい戦略的な価格設定も支持され、

これまでボルボに乗っていなかった新たなお客様の開拓にもつながっています。

さらに、スポーツモデルのV40 T5 R-DESIGNや、アクティブなライフスタイルを提案する

V40 CROSS COUNTRY T5 AWDなど、多様なバリエーション設定により

、これまで以上に幅広いお客様のニーズに応えることが出来た点も販売好調の要因となっています。
そうしたV40の好調に加え、本年8月に先進安全装備を充実させてデザインを一新した

60シリーズ(S60、V60、XC60)の販売も好調であることなどが好調な業績に寄与しています。

V40は、「2014年次RJCカーオブザイヤーインポート」受賞、

「2013-2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカー」入賞、

「2013~2014日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」受賞、

「2013年度グッドデザイン賞」受賞など、様々な識者/団体からも高い評価をいただいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今だけのSpecial Present!!

2014年モデルSpecial Present 2014年モデル対象車種ご成約の方全員に、12月27日(金)までのスペシャルプレゼント
対象モデル

S60 T4 SE ¥4,090,000〜V60 T4 SE ¥4,290,000〜

XC60 T5 SE ¥5,290,000〜V70 T4 SE ¥4,790,000〜

2014年モデル 期間限定 今だけご成約の方全員にSpecial Present
エコカー減税による優遇金額
ボルボ・エコ・サポートそして、今なら65万円相当をプレゼント。
セーフティ・パッケージ\200,000

レザー・パッケージ \250,000 (V70 T4 SE は¥300,000)

Special Offer \200,000購入サポートキャンペーン

Xmas Special Present
モデルラインナップ
S60V60

V40V40 Cross Country

V70S80

XC60XC70

XC90

このエントリーをはてなブックマークに追加

Polestar Complete Car

【ポールスター社初のコンプリートカー】
先日発表された「S60 / V60 Polestar」。
ポールスター社初のコンプリートカーとあって、その性能は4.9秒で時速100Kmに達します。
S60 R-DESIGNと比べてスプリングレートを80%高めた特製のスポーツサスペンションや、
それに対応するように強化したシャシーが、その性能を支えています。
特注のÖhlins(オーリンズ)製ショックアブソーバーや、20インチのポールスター専用ホイールなど、
実車を見るのが楽しみな一台ですね。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014モデルSpecial Present!!

2014年モデルSpecial Present 2014年モデル対象車種ご成約の方全員に、12月27日(金)までのスペシャルプレゼント

S60 T4 SE ¥4,090,000〜V60 T4 SE ¥4,290,000〜XC60 T5 SE ¥5,290,000〜V70 T4 SE ¥4,790,000〜

2014年モデル 期間限定 今だけご成約の方全員に65万円相当をプレゼント。
セーフティ・パッケージ\200,000

レザー・パッケージ \250,000 (V70 T4 SE は¥300,000)

Special Offer \200,000購入サポートキャンペーン
エコカー減税による優遇金額
ボルボ・エコ・サポート
特別低金利 1.9%

このエントリーをはてなブックマークに追加

The next Volvo concept car XC Coupé

【The next Volvo concept car】

解き放たれる時を待って。
 

「ボルボ・コンセプト・XCクーペ」-ボルボの新しいデザインストーリー、次章の幕開け

Volvo Concept XC Coupé

今年9月に発表されたボルボ・コンセプト・クーペは、デザイン担当上級副社長トーマス・インゲンラートに

よるボルボ・カー・グループの新しいデザインの方向性を世界で初めて披露し、

高い評価と数々の賞を受賞しました。

新しいスケーラブル・プラットフォーム・アーキテクチャーによるプロポーションと設計の

自由度を生かした一例として、将来のミディアム/ラージクラスのデザインの可能性を示唆しています。

Volvo Concept Coupé

コンセプト・クーペは、コンセプトカー3部作の第1弾として進められたものです。

そして、ボルボの新しいデザインストーリーの第2弾となる「ボルボ・コンセプト・XCクーペ」は、

ボルボの定評ある安全技術と現代的な北欧のアクティブなライフスタイルを、

新しいアーキテクチャーで融合させています。ボルボ・コンセプト・XCクーペは、来年1月13日に、

北米国際自動車ショー(NAIAS)でワールド・デビューします。

 「ボルボ・コンセプト・XCクーペ」は、クロスカントリーとXCモデルという、

ボルボが1997年に開拓したセグメントでの輝かしい歴史を背景に、考案されたモデルです。

年初の発表に先駆けて、画像3点と、ボルボ・カーのYoutubeチャンネルで、ショートムービーを公開中です。http://www.youtube.com/watch?v=P6cOJxGGuzg

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンタードライブにXCレンジ

VOLVO XC SERIES & CROSS COUNTRYScandinavian Christmas 進化した北欧の機能美を、ボルボから。俊敏さと力強さを両立した走り。快適で実用性に優れた室内空間。そしてボルボ先進のセーフティテクノロジー。あなたの特別な時間を美しく彩るスカンジナビアン・クロスオーバーたちが、さらに進化を遂げました。この冬、多彩な魅力が揃って充実したボルボライフを、あなたに。VOLVO XC SERIES & CROSS COUNTRY LINE UP

道を選ばないロングドライブに、ゆとりと安心を生み出すVOLVO ならではの機能とパフォーマンスV40 CROSS COUNTRY プレチャージ式AWD:あらゆる路面におけるパフォーマンス。ボルボのプレチャージ式AWDは、あらゆる天候下で走行安定性とトラクションを確保することで、あなたのドライビングをサポートします。XC60 DSTC(ダイナミック・スタビリティ&トラクション・コントロール):車の横滑り傾向を探知するとエンジン出力やブレーキの制御により、車輪のトラクションを精緻に制御し、滑りやすい路面状況下での走行安定性を高めます。XC70 ヒル・ディセント・コントロール:ヒル・ディセント・コントロールにより、車速を約7~10km/hで維持するようにアクセルとブレーキを自動制御。車両は安全に急坂を下ることができます。XC90 7シーター:1列目から3列目までへと座面が高くなるシアター形式でレイアウトされたフル7シーターです。自由自在なシートアレンジですべてのシートをフラットに倒すことができ、3列目シートは簡単に床下に収納できます。

V40 CROSS COUNTRYXC60

XC70XC90

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 >>
2ページ中1ページ目
RSS FEED http://www.vc-tokyo.jp/tomeiyokohama_news/feed?feed=rss
インフォメーション

ボルボ・カーズ 東名横浜
ボルボ・カー・ジャパン株式会社
ボルボ・カーズ 東名横浜
町田市鶴間地区で住所整理が2016年7月18日に実施されるため、住所が変更になります。カーナビなどでルートを探索される場合は、旧住所で探索を行ってください。
[新住所]〒194-0005 東京都町田市南町田5-9-18
[旧住所]〒194-0004 東京都町田市鶴間692
TEL:042-796-1171
FAX:042-796-1173
営業時間:10:00 - 19:00
毎週火曜日定休
>>ショールーム案内はこちら

VOLVO CAR TOKYO 試乗体験談公開中!
特選中古車
安心と信頼のために、私達ができること
ボルボ・カー東京 サービスのご案内
車検・点検のご予約
ボルボ・ムービーギャラリー
採用情報 ボルボ・カー・ジャパン株式会社
INTERNATIONAL SALES
ボルボ・カー 東京