INFORMATION

ブログ

車と雪との付き合い方

今年は例年になく寒い冬になっていますね。

思わぬ積雪で立ち往生・・・かなりニュースがにぎわいました。

なぜわずかな雪で走れなくなる車が多いのか?

スタッドレスタイヤは雪に万能なのか?

???疑問がいっぱいの方へ!!!

~スタッドレスタイヤの基礎知識~

(資料はミシュランタイヤWEBサイトからお借りしました)

①アイス路面でのスタッドレスタイヤの仕組み

1. 氷とタイヤの間の水を除去する

滑る原因は氷そのものではなく、氷とタイヤの間にできる水の膜。

タイヤの溝がスポイトのように水を吸い取ることで、滑りにくくします。

2. タイヤが路面に密着する

水を除去した路面に柔軟かつヨレずにしっかり接地。

そして、細溝(サイプ)のエッジでひっかくことで止まります。

 

エッジ効果(ひっかく) 接地面効果(すいつく)

②スノー路面でのスタッドレスタイヤの仕組み

1. 雪を踏み固める

雪の上では、ゴムと雪の摩擦が小さくなりタイヤが空回りするので、

雪を踏み固めることで抵抗を増やします。

2. 固めた雪を土台に蹴り出す

深い溝によって固められた雪が雪柱となり、固めた雪柱をつかむことで前進します。

雪柱せん断効果(蹴る)

氷雪路から湿雪(ジャブジャブのザラメ状の雪)までをカバーする技術が

一つのタイヤにこめられている、それがスタッドレスタイヤです。

 

ここでもっとも基本的な注意点を!

おろしたての新品のスタッドレスタイヤでは

いきなり氷雪路に接しても100%の力が発揮できません。

夏タイヤにも言えることですが、スタッドレスタイヤでも

新品のタイヤは綺麗です。ピカピカ。地面に接する部分もピカピカです。

ここが削れていたら・・・新品なのに!ってなりますよね。

でもその綺麗なゴム表面のままだと

設計されたタイヤのグリップ性能が発揮できません。

地面と接する面のゴムの表面をちょっとだけ削ることが必要なんです。

タイヤを作るときにゴム表面に油が着くのでこれを取り除く意味もあります。

実際に道路を走って慣らす形で”表面のゴムを一皮取り除く”ことで

 タイヤの本来の性能が発揮できるようになります。

慣らしに必要な距離はおおむね100キロから200キロ。

可能ならあまり速くないスピード領域(60キロ/Hくらいまで)で

乾燥したアスファルト路面で行うことがよいとされています。

 

今後のことを考えて覚えておいていただきたい

雑学的な情報です!

 

TOPICS!!

大反響いただいています!特選車両がどんどん入荷中!

好みの車両がきっと見つかる “VOLVOのパラダイス” です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED http://www.vc-tokyo.jp/tomeiyokohama_news/feed?feed=rss
インフォメーション
アーカイブ

ボルボ・カーズ 東名横浜
ボルボ・カー・ジャパン株式会社
ボルボ・カーズ 東名横浜
町田市鶴間地区で住所整理が2016年7月18日に実施されるため、住所が変更になります。カーナビなどでルートを探索される場合は、旧住所で探索を行ってください。
[新住所]〒194-0005 東京都町田市南町田5-9-18
[旧住所]〒194-0004 東京都町田市鶴間692
TEL:042-796-1171
FAX:042-796-1173
営業時間:10:00 - 19:00
毎週火曜日定休
>>ショールーム案内はこちら

VOLVO CAR TOKYO 試乗体験談公開中!
特選中古車
安心と信頼のために、私達ができること
ボルボ・カー東京 サービスのご案内
車検・点検のご予約
ボルボ・ムービーギャラリー
採用情報 ボルボ・カー・ジャパン株式会社
INTERNATIONAL SALES
ボルボ・カー 東京