INFORMATION

ブログ

遊園地の乗り物が、試験装置のアイディアに。

 

ボルボの安全技術のスペシャリストであるアンドレス・アクセルソンは

素晴らしいアイディアが思いもよらない状況で生まれることを、身を持って体験しました。

 

2007年に双子の娘を連れて、デンマークのレゴランドへ行った彼は

遊園地のある乗り物からヒントを得て、

道路からの逸脱事故時における乗員保護を追及していたボルボで活用できる、

効率的な試験方法のアイディアを思いつきました。

 

「“ロボコースター”に乗った人たちがいろんな方向へ振り回されているのを見ているうちに

あの、急激でランダムな動きが

道路からの逸脱事故の時に乗員が体験する激しい衝突圧力に似ていることに気づいたのです」

 

 

アクセルソンのチームは早速、実際の事故のデータに基づき、

さまざまな道路逸脱事故の影響を分析するため

「側溝」、「空中」、「非舗装地面」の3通りのクラッシュテストを考え出しました。

 

クラッシュテストを繰り返し、映像を分析した結果、実際の衝突事故では

シートベルトにしっかりと固定されたシート位置と

障害発生のメカニズムに深く関わりのあることがわかりました。 

 

そしてアクセルソンは

産業用ロボットメーカーのABBが、クルマのシートを実際の事故の時とおなじように

ランダムなパターンで動かせるプログラム技術と知識を持っている事を知りました。

車のシートと体を固定する装置を、多軸型の産業用ロボットに取り付け

クラッシュテスト用のダミー人形を座らせ使用するロボットにより

道路逸脱事故における乗員の動きを再現できるようになりました。

 

ボルボの新しいSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を採用する新型XC90や

今後登場するモデルの開発作業において、道路逸脱事故の際に乗員の体を

しっかり拘束できるベルトの形状や、瞬間的な巻き上げ機能、最適なシート形状の組み合わせ、

これらの研究の為、このボルボ独自のロボコースターが使われます。

 

 

その結果生まれたのが

瞬間的に電動でシートベルトを巻き上げる機能や

地面へのハードランディングの際に発生する、縦方向の力をやわらげるシートの

エネルギー吸収機能を装備した、世界初のランオフ・ロード・プロテクションです。

 

「ロボコースター試験の最大の成果は、

ボルボの新しい世代のシートで、シートベルトの巻き上げと改良されたサイドサポートが

どのように効果的に相互作用するかを確認できたことでしょう」

アクセルソンはそう話しています。  

 

 

 

 

ところで。

レゴランドに行ったアンドレス・アクセルソンは、ロボコースターには乗りませんでした。

 

「あんなものに乗るなんてとんでもない!あんなものに乗ったら気持ち悪くなる!!」

と。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 >>
1ページ中1ページ目
RSS FEED http://www.vc-tokyo.jp/minatochuo_news/feed?feed=rss
インフォメーション

ボルボ・カー 虎ノ門
ボルボ・カー・ジャパン株式会社
ボルボ・カー 虎ノ門
〒105-0003
東京都港区西新橋3-16-11
愛宕イーストビル
TEL:03-6721-2012
FAX:03-6721-2011
営業時間:10:00 - 19:00
毎週水曜日定休
>>ショールーム案内はこちら

VOLVO CAR TOKYO 試乗体験談公開中!
安心と信頼のために、私達ができること
ボルボ・カー東京 サービスのご案内
車検・点検のご予約
ボルボ・ムービーギャラリー
採用情報 ボルボ・カー・ジャパン株式会社
INTERNATIONAL SALES
ボルボ・カー 東京